贈与税とは、贈与税申告について

贈与税とは

贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産から、基礎控除額の110万円を差し引いた額に対して課税されるものです。

その他に、自分が掛金を払っていない生命保険金を受け取った時や、債務の免除で利益があった場合にも、贈与税がかかります。

また、個人ではなく会社などの法人からの贈与を受けた場合には、贈与税ではなく、所得税がかかります。

もらった財産が基礎控除額より少なかった場合には、贈与税はかからず、申告する義務も発生しません

 

贈与税申告期限

申告書の申告期限は、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までです。

申告期限までに申告しなかった場合や実際にもらった額より少ない額で申告した場合には、本来の税金のほかに加算税がかかります。また、納税が期限に遅れた場合は、その遅れた税額に対して延滞税がかかります。

贈与税申告報酬

 

贈与税については、ご依頼される方の「取得財産の総額」によって金額がかわりますので個別にお見積りいたします。

 

基本報酬

 

基本報酬額  20,000円(税別)

暦年課税による金銭贈与税申告書+贈与契約書作成が基本報酬に含まれます。

 

加算報酬:各種特例を適用する場合

特例名称 適用単位 報酬(税抜)
相続時精算課税 適用1件あたり 30,000円
贈与税の配偶者控除 適用1件あたり 30,000円
住宅取得資金の非課税

(暦年課税・相続時精算課税)

適用1件あたり 50,000円

 

加算報酬:財産評価をする場合

財産の種類 適用単位 報酬(税抜)

不動産

1利用地につき

路線価地域 50,000円

倍率地域  20,000円

非上場株式

1社につき 150,000円(2年目以降は30,000円)

 

※贈与税の申告に必要な各種書類の取得費用につきましては、実費にてご精算いただきます。

・戸籍謄本・除籍謄本・戸籍の附表・住民票
・不動産登記簿謄本・公図・固定資産税評価証明書など

 

 

サービス・料金プランについて

お問い合わせ

奈良、大阪、京都、兵庫での相続についてはお気軽にお問い合わせください。
相続税申告や相続の生前対策の経験豊富な税理士がご対応させていただきます。
0120-01-9674
受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]